New Topics

2017年11月18,19日

RIEC International Symposium on Experience Design and Cognitive Science (The Second ACM SIGCHI Asian Symposium) を11月18日(土)・19日(日)に開催しました.


2017年11月8日~10日

ACM SIGCHI と SIGGRAPH 主催の国際会議 VRST 2017 がスウェーデンのGothenburgで開催され,約220名の参加を集め成功を収めました.本研究室に客員教授として滞在したMorten Fjeld 教授 (Chalmers University of Technology)がSymposium Chair を務めました.

なお,北村教授が VRST のSteering Committee Chair を務めています.


2017年10月17日~20日

ACM主催の国際会議 Interactive Surfaces and Spaces 2017 がイギリスの Brighton で開催され,工藤義礎さんがデモ発表を行いました.

  • Workspace using MovemenTable. In Proceedings of the 2017 ACM International Conference on Interactive Surfaces and Spaces (ISS '17), 401-404.

また,高嶋和毅助教がデモチェアとして会議運営に携わりました.


2017年10月9日

10月から加わったメンバーの歓迎会を兼ねて,芋煮パーティーをしました.


2017年10月7日~8日

東北大学附置研究所等一般公開「片平まつり2017」 と電気通信研究所の「通研公開2017」 に合わせて,研究室公開を行いました.


2017年9月27日~29日

日本バーチャルリアリティ学会大会 が徳島大学で開催され,菅原諒さんが論文・口頭発表を行いました.

  • 最適解計算に基づく3次元モーションセンサのためのランダムフォレストを用いた初期値推定法
    菅原 諒, 黄 佳維, 高嶋 和毅, 幸村 琢, 北村 喜文

2017年9月25日~29日

IFIP TC-13主催の国際会議 INTERACT 2017 がインドのMumbaiで開催され,岡聖志さんが論文・口頭発表を行いました.

  • Exploring In-the-Wild Game-based Gesture Data Collection
    Kiyoshi Oka, Weiquan Lu, Kasim Ozacar, Kazuki Takashima, and Yoshifumi Kitamura

また,北村喜文教授が Symposium on Asian HCI Research で講演を行いました.


2017年9月20日

インタラクティブコンテンツのメディア教育などへの応用の合同研究会を開催しました.


2017年9月16日~18日

情報処理学会シンポジウム エンタテインメントコンピューティング2017 が東北大学電気通信研究所本館で開催され,岡聖志さんと大西悠貴さんがデモ発表,市川将太郎さんが口頭発表とデモ発表を行いました.大西悠貴さんがベストデモ賞,市川将太郎さんがベストビデオ賞を受賞しました.


2017年8月28日

客員教授として在籍中のカナダ・カルガリー大学のEhud Sharlin先生に講演をしていただきました.


2017年8月22日

カナダ・カルガリー大学のPatrick Finn先生が来られ講演をしていただきました.


2017年7月27日

カナダ・カルガリー大学のEhud Sharlin先生の歓迎会と,国立シンガポール大学のDr. Weiquan Luと帰国する留学生の送別会を行いました.


2017年7月25日-26日

東北大学青葉山キャンパスで行われた工学部電気情報物理工学科オープンキャンパスで,デモ展示を行いました.


2017年7月12日

米国・ワシントン大学から16名の学生さんがScience Summer Program の一環で来られました.


2017年7月7日

フランス・ストラスブール大学のDr. Sabah Boustila が来られ講演をしていただきました.


2017年7月6日

4年生の研修発表会を開催しました.


2017年6月21日

米国・ミネソタ大学 School of Music のDr. Maria Mannone が来られ講演をしていただきました.


2017年6月17日

北村喜文教授が東北デベロッパーズカンファレンス2017で講演しました.


2017年6月9日

スコットランド・アバディーン大学のDr. Soren Andersen (塩入研客員准教授)が来られました.


2017年6月2日

ヒューマンインタフェース学会研究会にて,M1の田村さんが次の研究成果を発表しました.

  • 田村 晃一, 萩原 拓真, 高嶋 和毅, 北村喜文,デジタル画像群の複数次元を用いたインタラクティブな可視化に関する研究,ヒューマンインタフェース学会研究報告集,Vol.19, No. 3, SIG-DeMO-03, 123-128, 2017年6月.

2017年5月29日

Morten Fjeld先生の送別会と,4月から加わった新しいメンバーの歓迎会を行いました.


2017年5月25日

カナダ・カルガリー大学のKevin Ta さん, Lien Quach さん, Peter Buk さんが来られ,講演をしていただきました.


2017年5月18日

客員教授として在籍中のスウェーデン・Chalmers University of TechnologyのMorten Fjeld先生に,講演をしていただきました.


2017年5月15日

情報処理学会論文誌に次の論文が掲載され,特選論文に選定されました.

  • 大山貴史,高嶋和毅,浅利勇佑,エフド シャーリン,ソール グリーンバーグ,北村喜文,自立移動・変形する壁型ディスプレイの設計と実装,情報処理学会論文誌,Vol.58,No.5,1049-1060,2017年5月 -->[PDF]

2017年4月14日

お花見をしました.


2017年4月4日

Dreamslab of Scuola Normale Superiore (Pisa - Italy)の Dr. Niccolo Albertini が来られ,講演をしていただきました.


2017年4月3日

博士,修士,学部の新しいメンバーが加わりました.


2017年3月29日

沖電気工業の山口徳郎さんと立澤茂さんが来られ,講演をしていただきました.


2017年3月24日

学位授与式が行われました.


2017年3月15-16日

電子情報通信学会 ヒューマンコミュニケーション基礎(HCS)研究会が東北大学電気通信研究所で開催され,共同研究者の月田有香さんが発表しました.

  • コミュニケーション・トレーニングが集団討論場面に与える影響 ~ 即興劇(インプロ)の有無の比較を通して ~ 
    月田有香(Cheers),高嶋和毅(東北大),横山ひとみ(東京農工大),市野順子(香川大),伊藤雄一(阪大),大坊郁夫(東京未来大),北村喜文(東北大)

2017年3月7日

電気通信研究所 共同プロジェクト「人と空間と情報技術」研究会を開催しました.


2017年3月2-4日

インタラクション2017(情報処理学会シンポジウム)で石川美笛さんと萩原拓真さんがそれぞれ論文・口頭発表とデモ発表を行い,萩原拓真さんの発表した論文が,ベストペーパー賞を受賞しました.

  • 萩原拓真,高嶋和毅,モルテンフィールド,北村喜文: モバイルカメラを用いたデバイス間アドホックアプリケーション共有
  • 石川美笛,高嶋和毅,中島康祐,北村喜文: 積み木遊び認識のためのスマートウォッチを活用した積み木型インタフェース

2017年2月27日

修士論文,学士論文の発表打ち上げと修士2年生の送別会を行いました.


2017年2月27日

英国・エジンバラ大学の幸村琢先生に特別講義をしていただきました.


2017年2月22日

卒業研究の発表会が行われました.


2017年2月16-17日

修士論文の本審査会が行われました.


2017年1月18日

大阪大学 クリエイティブユニットの伊藤 雄一先生が来られ,講演をしていただきました.「部局ブランディングとその方法 -- 大学広報と部局広報との比較」


2017年1月16-17日

京都大学博士課程教育リーディングプログラム「デザイン学大学院連携プログラム」 と共同で,研究業績の展示と歴史と文脈のデザイン実習が行われました.


2017年1月11日

客員教授として在籍中のニュージーランド・University of CanterburyのRob Lindeman 先生に,講演をしていただきました.


北村研究室

東北大学 電気通信研究所 本館5階 M555 (教授室)

東北大学 電気通信研究所 本館5階 M557 (助教・学生居室)

mail: icd-office[AT]ml.riec.tohoku.ac.jp
[AT]を@に置き換えてください