スマートフォンやタブレット等のタッチデバイスでは,インタラクションスペースが狭く,インタラクションの種類も限られているという問題があります.本研究では,インタラクションスペースをスクリーン外に拡張したり,静電容量タッチパネルの特徴を用いた新たな機構を付加することでこの問題を解決する手法について検討を進めています.