大画面,モバイル,タッチパネル,マウスなどのさまざまな環境で,直感的・効率的にコンテンツを扱うことができるように,オブジェクト探索・選択やスクロールなどの基本インタラクションについて,運動学や実世界のメタファを導入して,新しい手法をデザイン・評価する研究を進めています.